チベット僧侶のご紹介

到着ロビーにて 尼僧さんと通訳さんをお出迎え

最新の情報は強巴林公式サイトをご覧下さい。

2010年には、強巴林で初となるチベット尼僧さんに来日していただけました。
10日間にも満たない短い期間でしたが大変有難いお話を多数伺えました。

尼僧さんをお迎え

今回、尼僧さんをお迎えするにあたっては不思議な事の
連続でした。ご住職のチベットでの法名は
チャンバ・チュドンですが、尼僧さん二人はゲサン・チュドン
さん、デンジン・チュドンさんと三名とも名前にチュドンと入る
のでした。不思議な事だとは思いましたが、初対面にもかかわ
らずご住職と尼僧さんたちが本当の姉妹のように親しげに
されているのを見て仏縁によってお導き頂いた物なのだと
感じました。また、両名は、尼僧寺の住職・副住職という
立場の方で、お忙しい中来て頂いたことは大変有難い事だと
感じております


花まつり


花まつり

また、花祭りでは法要にも参加していただき祈祷もして頂けました。
特に大きく尼僧さんの来日を御紹介していた訳ではなかったのですが、
多数の参拝者の皆様に参加をして頂き心よりお礼申し上げます。
また、法要後「日本はきれいで、人も優しく礼儀正しい」と
感想を頂き「お互いに助け合う心を大切にしてほしい」と
呼びかけて頂けました。物は豊かになり、不自由な生活を
する人は少なくなった日本。しかし、心はまだまだ豊かとは
いえない人が多いのではないでしょうか。
「お互いに助け合う」ということについて、
改めて考えてみるキッカケになればと思っております。


チベット僧侶と京都 銀閣寺にて

鹿とチベット僧侶

花祭りのあとは京都や奈良に観光にいきました。
環境の違い、旅の疲れ等もあり体調を崩されてしまった事も
ありましたがお二人に日本の良い思い出を作って頂けるよう
御案内をさせていただきました。

今後も、チベットから僧侶をお招きする予定です。
少しでもこの日本の地に正しいチベット仏教が広まるように
また、チベット佛教と文化の情報発信拠点となるべく
日々お祈りしております。 合掌


チベット般若心経経典

尚、強巴林ではチベット語の般若心経をわかりやすく
日本語でカナ打った勤行集をご用意しております。

勤行集 5000円

お求めは強巴林又は倶利伽羅不動寺本堂受付にて